読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深夜高速

できることなら何もせず、布団の中で目を瞑って胸に残る鈍痛を味わっていたい。しかしどれほど悲嘆に暮れようとも腹は減る。三日前から一歩も外に出ていないため、家にある食い物はほとんど食い尽くしたはずだ。何かないだろうか。重い腰を上げて布団から起…

告白

今日のような満月の夜になると、あの日のことを思い出すのです。中学二年生の時、私には麗子ちゃんという友達がいました。寡黙でありながら、どこか暖かい表情を向けてくれる彼女のことが私は大好きで、家が近かったこともあり帰り道はいつも一緒でした。そ…

飲み屋

飲み屋で知り合いと酒を飲んだ。一杯目はビール。なんでかわからないけどビール。一杯目はビールだろっていう暗黙の了解みたいなものがあるけど、正直しらん。でも一杯目のビールはとにかくうまい。一杯目に飲むビールはうまいってだけで暗黙の了解になった…

初めまして

最近寒い。僕は手袋を着けないなので、常に手が悴んでいる。手が思うように動かないと、不安になって体に対しての信頼度が薄れていく。肉体賛美派として、必要以上の荷物は絶対に持たず、常に己の肉体だけを信じている僕にとって冬は毎日が戦いなのである。…